2011年04月19日

やればできる!・・・佐賀看護学校


Check
集中講座、みなよくここまでがんばったなあ・・・
1週間の間で仕上げてきた課題
週3日、病院で働きながら、週3日学校に来る学生たち
5分の課題発表を どのチームもほぼぴたりと時間に収めてきた
内容もそうだが、時間を合わせるのは練習しないとできない

目の前の患者の事を考え、声をかけ、、心にも届く
ロールプレイを通して真剣に取り組んできた

「イマドキの人は・・・やる気が感じられない」  
と聞くが そんなことはない!
アプローチの仕方で人のやる気は変わる
今日の学生から、あたらめて学ばせてもらった気がする
           ・・・ ありがたい仕事だな

自分たちでも感じたのではないだろうか
「やればできる」
この感じたことを ぜひ現場でなにか伝えていってもらえたら・・・

看護学校の授業を続けることは
父が癌で亡くなった時、ナースのみなさんの言葉に救われた一人として
私ができる社会への恩返しだとおもっています 



Posted by ミキファニット ケセラみき   at 06:53│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。