2011年06月02日

オランダからのヒント 子どもの教育


Check
オランダからのヒント 子どもの教育


昼休みに子どもを学校を迎えに行く
熱が出たではありません 日常。。
私が オランダでみてきた光景です

子どもと過ごす時間を大切にするので
ランチは家で一緒に食べる 
       
学校・病院を中心にした 太陽エネルギーの新しいモデル街

家族の時間のために、ビジネス街と街を結ぶ高速道路には
上下線の間にもう1車線ありました(時間によって一方通行になる)
 
近頃は、、
「時間的に・・・さすがに大変」 と、学校で、ランチが用意されるところも


県の派遣事業でオランダとデンマークには研修の経験あり
見てきて逆に????なんで と

ワークシェア・子どもの教育 大変興味あり

福岡市のアミカス、リヒテルズ直子さんの講演を聞きに行ってきました

<家庭>
6時には両親家にいる。一家そろって夕飯。週末は家族で。 
スポーツクラブは保護者が運営

<学校での保護者の参加>
・学校を自分で選べる(公私 学費が一緒) 
・送迎 父母半々
・PTAでなく、法律で権利義務がはっきりきまっている

オランダの子どもの幸福度 先進21か国中1位 (主観的幸福感)日本はデーターがない
子どもの孤独感が低い2.9% 日本29.8% 日本の10分の1
学校の成績はフィンランドの次 欧州2位
生活に満足1位 父に相談 1位

ここまでいいとなると 
 「なにか問題もあるんじゃないの」
 「日本じゃ、それは無理やん」
と 意地悪な見方したくなる
たしかにそのまま全部は違和感あっても 

ただ意識改革、自分のビジョンをもてたら。。  

提言として、でてきた教育法は昨日の老子ではないが
自分たちの方向性とも、通じることあり。

ピーターセンゲ 5つの原則からのヒント 
新しい組織作り
共有ビジョン/ 個人のビジョン/ メンタルモデル/ チーム学習/ システム思考


続きはまた


Posted by ミキファニット ケセラみき   at 08:48│Comments(2)
この記事へのコメント
昨日、私も参加していました。

お会いできなくて残念でした。

たぶん、3年前にお会いした時限りですよね。

私の体型の変化見て欲しかったです。

昨日もパーソナル・トレーニングを受けてからの参加で

ちょっと疲れていましたが・・・・・・

そう言えば、私も翼の研修はオランダでした。

昨日の話にあったNPOの団体の一つである女性を支援する団体を訪問しました。

自分たちの団体も国からの援助でこんな風に活動できればと・・・

未だに、手弁当で活動していますが

最近、HPを一新し、交代でのブログも始めました。
http://www.geocities.jp/wwvfukuoka/

時間があったらのぞいてください。

佐﨑
Posted by コアラ at 2011年06月02日 23:46
こあらさま
ご一緒していたんですね!
パーソナルも ・・・ すばらしい

HP ブログ 拝見しました
ロールモデルもおめでとうございます!!
コメント とてもうれしいです ありがとうございます
Posted by ケセラ ケセラ  at 2011年06月04日 15:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。